VLN第2戦、暇racing極みクラス2位で完走。

2018年3月31日に行われてた「iRacing Presents VLN Endulance Championship」の第2戦に暇racing極みはPorsche 911 GT3 Cupで参戦し、クラス2位で完走した。

 

第1戦はチームとしての参加はできなかったため、第2戦からの参戦となった暇racing極み。予選ではタイムを残すことができず、最下位からのスタートとなったが、結果としてスタート前の混乱に巻き込まれずに済んだ。

その後もクラッシュなどで周りが後退していく中で、暇racing極みは一度クラッシュをしてしまうも、順調に順位を上げクラス2位を手に入れた。

 

しかし、しーなありさはこの結果に満足はしていないという。

 

「今回のレースは勝利できる可能性が非常に高かっただけに少し悔しいね」

「ピットタイミングが勝敗を分けたと僕は見ている。相手はアンダーカットを狙って早めにピットを終えていたんだ。それがすべてだ。」

 

結果に悔しさを滲ませる一方で、得るものもあったという。

 

「クラス優勝はできなかったけど、2位でも大きな成果だと思うし、それに良い感触を得られたと思うよ。」

「昨年のシーズンの大半をこのポルシェで過ごした経験は今回のレースでも活きていたし、去年よりも車のドライビングはリラックスできるようになったし、車を上手く機能させられたと感じている。」

 

「今シーズンも始まったばかりだけど、これからがとても楽しみだよ!」

 

次戦はニュルブルクリンク24時間耐久レースを終えた後の、6月16日となっている。

Support



VENDORS




GAME



YouTube


Twitter