暇racing極み、eRacer部へリバリー提供へ

暇racing極みのしーなありさがレーシングドライバーの根本悠生選手が率いる「誰もがレースシムを楽しめる情報共有コミュニティ」の「Esperto eRacer部」の公式リバリーを手掛けた。

 

12月21日に東京都内で行われた「eRacer部忘年会」内にて発表されたのはeRacer部のカラーリングが施されたランボルギーニ ウラカンGT3とマツダ ロードスターTouring Carの2台。

ウラカンGT3は青を基調としたものとなっていてオレンジのラインが特徴的で、ロードスターTouring Carは白をベースとし各所にアクセントカラーが散りばめられたカラーリングとなっている。

 

しーなありさはリバリー制作について「大きな挑戦だった」とコメントした。

 

「今まで暇racing極みのカラーリングだけを作ってきたから発表の時は心配だったけど、いい反応が見れて少し安心したよ。」

「カラーリングはシンプルでカッコいいものを目指してデザインをした。周りから浮かないけど印象に残るよう考えたんだ。実際そのコンセプトは上手く形にできたと思っているし、自信を持って表に出したつもりだ。」

「だけどこれからもっとeRacer部のことを理解してより良いものへと進化させていきたいね。」

 

今回発表された2台のリバリーは一般に向けても公開されているので気になった方はコレクションに追加してみてはどうだろうか?

 

Esperto eRacer部ホームページ:https://eracerclub.com/


Support










GAME