暇racing極み ニコニコ耐久選手権Rd.2 決勝レポート

6月24日にニコニコ耐久選手権Rd.2がサルトサーキットにて行われた。今回は通常より1時間長い3時間で行われたが、大きなトラブルが連続で起きてしまいレースは混乱した状態にあったが、無事に終了した。

 

Porsche LMP TeamのPDBとしーなも、このトラブルの影響を受けレース中に逆境に立たされたが、PDBは最後までプッシュを続け総合2位でのフィニッシュとなった。一方しーなは赤旗の原因となるクラッシュに巻き込まれるなど、ミスが目立ってしまい1周遅れの総合4位に終わった。

総合2位 Porsche LMP Team #1 PDB

「このような特別なレースでポディウムに乗れたことを嬉しく思う。レース中、全てが不利な方向に進んだ時間帯があった。それでも諦めずにプッシュした。いいタイミングでスローゾーンに助けられた。トップ争いに加わることができた。それでも最後のピット後はよくわからない展開だった。自分が勝利したと思ったら大きなギャップがあった。そのあとは勝てないと思ったのでゴールすることだけを考えた。ペースは終始安定していたし、アクシデントがなかったのがこの結果に繋がった。僕たちは確実に進歩をしている。今日は素直に喜びたい。」

総合4位 Porsche LMP Team #2 しーな

「今回のレースでは僕のペースが思った以上に悪かった。何とか前について行くのがやっとだった。途中に大きなアクシデントが目の前で起きてしまったが、僕にはどうすることも出来なかった。タイミングが悪かったとしか言えないね。その後も色々なトラブルが起きてレースへの集中力が切れてしまった。ミスを重ねてしまい、情けない走りになってしまった。チームやファンの人に申し訳ない。次戦では気持ちを切り替えて走りたいね」

2号車オンボードアーカイブ

Support




VENDORS



GAME