PDB「今日は僕たちの日ではなかった」

3月10日に開催された「iRacing 12 hours of Sebring」に暇racing極みからエントリーしたPDBは、リタイアについて「このような出来事はよく起こる」と今回の結果を振り返った。

 

「レースをしていればこのような出来事がよく起こる。今日は僕たちの日ではなかった。プラクティスでは勝利することが可能なペースさえ見せていた。」

 

「オープニングラップでの事故は、僕たちには、ほとんど非がないと考えている。」


「それでもチームは着実に前進している。このレースをサポートしてくれていた方々には大変申し訳なく思う。うまくいかないレースが数戦続いてしまっている。」

 

「しかし、僕たちなら確実に乗り越えられると信じている。みんなで勝利をつかめる日がまた来てくれると信じている。」

Support



VENDORS




GAME



YouTube


Twitter