Team Concepts



暇racing極みとは?

2013年に設立されてから今年で5周年を迎えた「暇racing極み」は、現在「iRacing」と「Gran Turismo Sport」をメインに活動をしています。

レースの雰囲気を気軽に、誰でも楽しめるようなチームを作れるように日々活動をしています!

  • チーム名称 暇racing極み、HiMA RACiNG KiWAMi
  • チーム代表 しーなありさ(@sina_arisa204
  • 活動ゲーム 
    • iRacing
    • Gran Turismo Sport
    • Rocket League
  • メンバー数 11人

Race Concept

暇racing極みはレースを楽しむことを第一に活動しています。

一言にレースを楽しむと言っても「レースの雰囲気」「レースでのバトル」「レース後の達成感」など様々な楽しみ方があると思います。

 

暇racing極みでは出来る限りすべての楽しみ方を体験できるように活動しています。

ただその中でも一番に重視しているのは「レースの雰囲気」です。

 

雰囲気を楽しむことで、走ることやレースに至るまでの準備期間などすべてを楽しむことが出来ると暇racing極みは考えています。

2つ目としては、チーム活動を通して「上手くなる」ということにも目を向けて活動を行っています。

 

ここで言う「上手くなる」と言うのは、ただ「速く走れるようになる」と言うことではなく、「バトルが上手いドライバー」や「ミスの少ないドライバー」を目指してレースを行う「成長の場」になってほしいという想いもあります。

 

暇racing極みは楽しむことが第一ではありますが、楽しみながらスキルアップの出来る場も目指しています。

 

 


Coloring Concept

暇racing極みの特徴の1つのカラーリング。これにもコンセプトというものが存在します。

 

それは現実世界にもありそうなカラーリングを作ることです。

 

「実際に走ってるんじゃないか?」と思ってもらえるようなカラーリングに仕上がるように制作をしていきますが、その中でも暇racing極みの個性が出るように工夫が施されています。

その1つがアシンメトリースタイルです。

明るい緑色をGT車両の場合は運転席側に、フォーミュラカーの場合は右側に配色し、一目で暇racing極みだとわかる個性を求めたアシンメトリースタイルは、他ではなかなか見られない暇racing極みの大きな特徴の1つとなっています。

暇racing極みのカラーリングは青を基調としたものをベースに4色の色を使用しています。

その色1つ1つに意味があり、暇racing極みの車両を彩るには必要不可欠の色となっています。

 

  • 青色はGoPro Blueという名称で呼ばれ、暇racing極みの基本色として使用されています。
  • 緑色はnvidia Greenという名称で呼ばれ、暇racing極みのカラーリングを特徴的なものにする重要な役割を持つ色となっています。
  • 赤色はDRAPOJI Redという名称で呼ばれ、カラーリングにアグレッシブさを与える色となっています。
  • 白色はTrans Whiteという名称で呼ばれ、2つ目のレースコンセプトを表す色となっています。
  • 黒色はBrave Blackという名称で呼ばれ、カラーリングや、ドライバーたちの勇ましさ、凛々しさを表現しています。

Support



VENDORS




GAME



YouTube


Twitter